紀伊半島渓流釣り

トップ画像

渓流釣りのエサ

2020年4月28日 【アマゴ釣り,釣りエサ】タグ:

ブドウ虫の画像
フィッシングショップTポートの養殖ブドウ虫

 

ブドウ虫

私が一番良く使う渓流釣りのエサです。

ブドウ虫は葡萄の蔓の中に居る虫らしいですが、本物のブドウ虫は使ったことがありません。

私が使っているのは写真のブドウ虫で養殖されたものです。
一般的に養殖のブドウ虫は価格が600円~800円ぐらいと思いますが、ここのブドウ虫は26~30匹入で一個300円(税抜)です。

大阪のフィッシングショップTポートという釣具店の商品なんですが、いくつかまとめて買って冷蔵庫の野菜室に入れています。
かなり長持ちするのでチャンスにさっと釣りに行くことができます。箱には8℃~15℃で保存となっていますが、うちの冷蔵庫はもう少し低温になっていると思います。(低めの方が良いと感じてます)
去年八月に買って禁漁で残ったものを今年の三月に確認したら綺麗でした。

1箱使わずに余っても、持って帰ってきてまた冷蔵庫に入れておけば大丈夫です。
一匹つけて魚を何尾も釣ってヨレヨレのブドウ虫になってもアマゴは喰ってきます。

この店は通販でも購入出来るのでまとめて買っておけば重宝します。

活エサ 渓流釣り用 元気印!ブドウ虫(ハニーワーム)(26〜30匹入) ※ノークレーム限定

 

因みにブドウ虫は低温で保存しないと蛾になってしまうはずですが、これまで家で保存していて蛾に育てたことはありません。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

アマゴと雨と 渓流ランガン釣り

アマゴと雨の関係 増水時の渓流ランガン釣り アマゴは天子、雨子と書いたり、別の呼び名で雨魚(アメウオ)、雨の魚(アメノウオ)、小雨(コサメ)と言ったりします。 和歌山の人はアメウオ、アメノウオが多いかな。アミゴと言う人も […]

2018年の渓流釣り(アマゴ釣り)を思い返して。

今年、2019年ももうすぐ渓流解禁です。渓流釣り解禁間近ということで、これまでの反省や、今年の対策立てるべく去年、2018年の渓流釣りを振り返ってみたいと思います。(和歌山県、奈良県の渓流主体の内容です)去年の渓流釣り釣果はアマゴ合計300尾を超えました。残念ながら尺上アマゴはありません。

渓流解禁情報2020 和歌山県、奈良県のアマゴ釣り

和歌山県、奈良県、三重県や岐阜県、長野県の河川での渓流アマゴ釣り、仕掛けや釣り方、餌や釣果のブログです。2020年も解禁から一か月を過ぎましたが、まだ初釣りに行っていません。すでに解禁後で遅くなりましたが、自分の覚えのために奈良県と和歌山県の渓流解禁一覧をつくりました。

これから渓流釣りを始める人へ・渓流釣りを始めた頃の話

和歌山県、奈良県、三重県や岐阜県、長野県の河川での渓流アマゴ釣り、仕掛けや釣り方、餌や釣果のブログです。このページは初めて渓流釣りに行った時の話です。海釣りとは勝手が違うので散々な結果でした。

渓流解禁情報2021 和歌山県、奈良県のアマゴ釣り

2021年ももうすぐ解禁です。自分の覚えのために奈良県と和歌山県の渓流解禁一覧をつくりました。去年は野迫川村漁業協同組合がコロナの為に渓流釣りの解禁を取りやめましたが、今年はどうなることでしょう。各漁協、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、遊漁券購入時はアルコール消毒・マスクの着用・検温等の協力をお願いしているようです。

アーカイブ

2020年4月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930