紀伊半島渓流釣り

トップ画像 トップ画像 トップ画像

これから渓流釣りを始める人へ・渓流釣り用品、渓流釣り小物

次は渓流釣りのアイテム、小物について、
色々な失敗を経てたどり着いた現時点のお話です…

ウェーダー

渓流釣りで川の中を遡行しないで釣るのは基本無理なので必要なものです。
私はツルツルの磯でスパイクが効かずに怖い目をしたことがあるので、フェルト底のものを使っています。

フェルトが減って二回自分で張り替えたことがありますが、旨く圧着できないからか何回か使って歩いているうちに剥がれたので張り替えは無理と考えています。

安いものをフェルト底が減ったら買い替える方がトラブルが少ないと思います。

ウェーダーは足が上げられなかったりと動き難くなるので、険しいところでは使えません。
沢登りできるようなスタイルが必要です。

ウェーダーの形状はチェストハイ、ウエストハイ、ヒップウェーダー(ゴム長タイプ)があるが、渓流釣りにはウエストハイウェーダーが動き易くて良いです。
ヒップウェーダーもさらに動き易く手軽で良いのですが、水が入ると怖いので流れの小さく浅い谷などに限られます。
あとブーツフットウェーダー(ブーツ一体型)とストッキングウェーダー(別途ウェーデングシューズを履く)がありますが、ここではブーツフットウェーダー(ブーツ一体型)の前提に話しています。

 

フィッシングベスト

渓流釣りにベストは必需品です。
私は解禁から丈の短めの背中が部分的にメッシュのものを使っています。

渓流のベストは丈の短いものが良いです。ベルトにエサ箱やタモをつけるので丈の長いベストはエサ箱やタモを扱う際に邪魔になります。
特にタモを扱う時というのは魚が掛かっているわけですから、スムーズに扱える状態にしておかないといけません。

ベストには、針、オモリ、ライン、仕掛け、ラインカッターなどの小道具、釣り券などを入れ、
基本的にベストを来て、エサ箱とタモのついたベルトを締めてビクと竿を持てば釣りができる状態になります。

 

ポケットは渓流釣りの場合、ルアーのようなケースは使わないので写真のタイプのような横型のポケットで胸にもポケットのあるタイプが良いと思います。

スポンサードリンク



 

玉網、渓流タモ

渓流用の玉網。
釣ったアマゴに逃がしてしまわない為に必要なアイテムです。
アマゴをすくい、腰のベルトに差して針外しなどを行います。
仕掛けを竿にセットする際も仕掛け巻きをタモに放り込んで竿を伸ばします。

渓流用の玉枠の大きさは25センチぐらいから30センチぐらいまでが良いでしょう。
色々ありますが、枠はやはり天然木のものが見た目が良いです。

実用性でいうとワンタッチ式のものがオススメ。
玉網は藪こぎで邪魔になることが多いです。
藪こぎする場合はワンタッチ式のものが邪魔にならずに安全です。
ただ、ワンタッチ式のものは柄の短いものが多く、柄が短すぎると上記のようなベルトに差しこむ際に使い難いので、なるべく長めのものか自分で柄を改造するかです。

タモも藪こぎで落としたり、釣っていて流してしまったりするので、尻手ロープは付けた方が無難。

 

 

餌箱

エサ箱は2種類入るものが良い。

ベルトにつけるタイプや首からぶら下げるタイプがあります。

ベルトにつけるタイプの難点は前側にお辞儀して下がってしまう。
ぶら下げるタイプはブラブラ邪魔になる、木に引っ掛けたりし易い、水平にならない。

要は片手でエサを取り出し易く、またエサを落としてしまわないよう工夫しないといけません。

ビクにベルトを巻いてそこにエサ箱を付ける方法もあります。

 

私は上の画像のエサ箱どちらも使っていますが、左のものは木に引っかかったりして気が付いたら勝手に開いてしまっていたということが何度かあったので、右をメインに使っています。

 

ベルト

釣り用のベルトで無くても水を吸い難いものなら良いと思います。バックルはずれたり、緩んだりしないタイプのものが良いです。

 

 

渓流ビク

渓流ビクを体の横ではなく、腹の前に持ってきて長さを調節してビクに肘を置けるようにすると安定して流せます。
ビクにベルト巻いてそこにエサ箱を付け、オモリやハリを入れたケースをビクの上に貼り付けておけば便利です。

 

 

スポンサードリンク



ラインカッター

ラインカッターは必需品。
なくさないようにピンリールに付けてベストにぶら下げておきます。

 

 

プライヤー

これも必ずひもなどで結び付けておかないと必ず失います。
また、こういうものをベストのポケットに入れて出し入れすると、その時に他の小物を落としてしまったり、ポケットのチャックを締めるのを忘れて気が付いたら中のものを落としてしまっていたというようなことがおこります。

 

 

針外し

シンプルなものを一本、ポケットに入れて行く事もありますが、ほとんどプライヤーを使っています。

 

 

 

ガン玉外し

私は横着して殆どガン玉を替えないですが、できれば流れの強さに合わせて大小交換した方が良いです。

 

 

熊よけの鈴

熊は釣りをしている時ではないですが、御岳山の麓と安房峠で見たことがあります。
紀伊半島で釣りをしていて見たことないですがお守りに。

 

尻手ロープ、ピンリール

タモ、プライヤー、ラインカッター、年券、等は紐やピンリールでベストやベルトに結びつけておかないとかなりの確率で紛失します。
螺旋のコイル状のものは伸びすぎて不便なので、タモは紐で、プライヤーやラインカッターはピンリールで、年券はタコ糸で結んで胸ポケットに入れています。

 

 

 

牛革手袋

私は作業用の牛革手袋(ワークショップに売っているようなもの)をベストの背中にのポケットに入れています。
いざと言う時、危ないところを上ったりする場合に手を怪我しないように使うためです。

 

 

関連記事

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31