これから渓流釣りを始める人へ・アマゴの居場所

アマゴが定位するところ。
アマゴが居るポイントの話です。

うまく表現できませんが、海釣りをされている人が渓流釣りをすると釣りそのものの全体的な大きな違いを感じると思います。

魚の居場所についてもそうです。
これは渓流に限らないですが、アマゴ釣りの場合も、アマゴの居場所を見極めることが大事です。

渓流釣りの場合は通常撒き餌はしませんので、一処で釣ってれば魚が移動して来るというのは基本的にありません。

アマゴな居そうなポイントを攻めながら移動して行きます。
(成魚放流の解禁時は別)

アマゴの生息域は川の上流部。イワナがさらに上流部に生息するようだが、基本的には紀伊半島にイワナは居ない。ただ、天川、野迫川にはキリクチというイワナが居る。

アマゴより下流の生息域には、ウグイ(ハヤ)、オイカワ(ハエ、ハス)、カワムツ、アブラハヤなどの外道が居るが、これらはアマゴ域にも生息している。

スポンサードリンク



アマゴはその生息域であっても川の全体に居るわけではありません。
アマゴはアマゴの都合の良いところに居ます。
都合の良いところとはどの様な所かというと身を守り易い所、また、エサを捕りやすい所です。

身を守り易い所は隠れる石のあるとこや、コンクリートの護岸ならその割れ目など。
他には木が覆いかぶさった影。

エサの捕り易い所は、エサがよく流れてくるところで他の魚種に先を越されないところ。

アマゴは泳ぐ力は高いので、他の魚より早くエサが捕れる流れの強い部分で待つことができます。

ですからアマゴが何処に居るかを見極めるには、アマゴの場合は適水勢ということが大きく影響します。
流れの芯で泳いでいては疲れてしまうので、流芯の周りでエサを待ちます。
しかし、他の魚より先にエサを捕れる流れの強いところで待ちます。

川の流れは水面が速く、底が緩くなっています。その底のゆるい部分を「底波」と言います。
その底波や流芯の両サイド、障害物の裏など、でも、他の魚より流れの強い部分。
そこがアマゴの定位する所です。

以前、イワナ源頭放流というのをテレビで見たことがあります。
源流のチョロチョロの水しかないところにイワナをまとめて放流します。
するとエサが少ないのでエサを捕る力が弱いイワナほど下流へ下流へと下って行きます。
そしてエサを捕る力が強いイワナが上流に残ります。
このように常に生存競争が行われ、強い魚ほど大きくなって行くのでしょう。

平坦で何処を釣れば良いか分からないような流れでも、同じように見えても周囲より若干深いところがあります。
アマゴはそのような所に定位しています。

アマゴも一日中ながれの強いところで居るわけでなく、食い気のある時に流れの強いところに出て来ます。

夕方などは流れの強い瀬に出て積極的に捕食します。

石の下に隠れていたアマゴが物凄いスピードで飛び出して来て、エサに飛びつく。
または、エサを見切って素早く戻る。そんな光景をよく見ます。

川の構造は渓流域では瀬と淵を繰り返し、瀬は荒瀬やチャラ瀬があり、瀬肩や瀬尻でも条件が違い、淵も大小様々で、落ち込みから渕尻までポイントがあります。

季節、時間帯によって狙いどころが変わってきます。

次は仕掛けの流し方や釣り方を書いていきたいと思います。